メインコンテンツへスキップ
  • 制限事項商談機能における制限事項です。機能に関する制限権限に関する制限機能に関する制限多言語には対応していません。全キャンペーン管理モードのみでご利用いただけます。作成可能なタスクの追加項目は200件までです。権限に関する制限特権管理者のみご利用いただけます。代理ログインではSFA機能は利用できません。
    https://smpdoc.shanon.co.jp/ja/schedule/limitation/

    制限事項

  • 通知設定を管理するタスク通知を担当者別にメール通知することができます。また、タスク通知を有効化、無効化することができます。通知が有効化の場合は、次の条件を満たす場合、担当者別にメールを通知することができます。期日が直近〇以内に完了するタスク期日が過ぎたが完了していないタスクタスクを通知設定します。通知設定画面([タスク][通知設定])に遷移します[編集]ボタンをクリックします「状態」項目が[無効]の場合は、[有効]に設定します補足「無効」から「有効」にチェックをすると、設定編集が可能になります。必要事項を入力します項目の詳細は、次のとおりです。項目説明状態選択肢は次のとおりです。・有効・無効時間プルダウン中より何時以降に通知をするか時間を設定します。ここで設定した時間以降に、設定した曜日に1日1回メール通知が実施されます。曜日通知する曜日にチェックを入れます。期日が到来するタスクの通知日数を選択します。期日が過ぎたタスクの通知選択肢は次のとおりです。・通知する・通知しない[登録]ボタンをクリックします
    https://smpdoc.shanon.co.jp/ja/schedule/unfinishedmailsetting/

    通知設定を管理する

  • タスクの選択肢を編集するタスクには、使用頻度の高い選択肢として「ステータス」「種別」「優先度」が事前に設定されています。それらの選択肢をカスタマイズすることができます。「ステータス」を編集する「種別」を編集する「優先度」を編集する「ステータス」を編集するステータスの編集をします。タスクの設定画面([タスク][設定])に遷移します[ステータス]リンクをクリックしますステータスの選択肢を追加します詳細は、「ステータスの選択肢を追加する」をご確認ください。ステータスのデフォルト値を指定します詳細は、「ステータスのデフォルト値を指定する」をご確認ください。ステータスの選択肢を並び替えます詳細は、「ステータスの選択肢を並び替える」をご確認ください。ステータスの選択肢を削除します詳細は、「ステータスの選択肢を削除する」をご確認ください。ステータスの選択肢をデフォルトに戻します詳細は、「ステータスの選択肢をデフォルトに戻す」をご確認ください。ステータスの選択肢を追加するステータスの選択肢を追加します。タスクの設定画面([タスク][設定])に遷移します[ステータス]リンクをクリックします[新規登録]ボタンをクリックします選択肢を入力し、[登録]ボタンをクリックします補足一行につき選択肢を一つ入力することで、一度に複数の選択肢を登録することができます。ステータスのデフォルト値を指定するステータスのデフォルト値を指定します。ステータスは、「未着手」がデフォルト指定になっています、変更する場合に利用します。タスクの設定画面([タスク][設定])に遷移します[ステータス]リンクをクリックしますデフォルト指定したい選択肢の[編集]リンクをクリックします「デフォルト指定」項目の[選択肢をデフォルトに指定する]にチェックし、[登録]ボタンをクリックします補足デフォルトに戻すと、並び順やデフォルト値が解除され、追加した項目が全て「無効」となります。ステータスの選択肢を並び替えるステータスの選択肢を並び替えます。タスクの設定画面([タスク][設定])に遷移します[ステータス]リンクをクリックします[選択と並び替え]ボタンをクリックします右の「有効」列より、表示されている選択肢の並び順を上下に移動させ、並び替えます「そのほか」を一番上に移動させます。「そのほか」をクリックします最上段に移動させます[登録]ボタンをクリックします補足左の「無効」列に選択肢を移動させると、ステータスの選択肢から非表示になります。詳細は、次の「ステータスの選択肢を削除する」をご確認ください。ステータスの選択肢を削除するステータスの選択肢を削除します。タスクの設定画面([タスク][設定])に遷移します[ステータス]リンクをクリックします削除対象の選択肢が「ステータスの選択肢を追加する」で追加した項目か、または、初期設定されている選択肢か確認します選択肢を削除または無効にします「ステータスの選択肢を追加する」で追加した項目の場合[削除]リンクをクリックします重要事項をご確認の上、[上記内容を確認しました。]にチェックをし[削除]ボタンをクリックします補足削除ではなく、一時的に無効にしたい場合は、次の「初期設定されている選択肢の場合」と同等の手順で選択肢を無効にしてください。初期設定されている選択肢の場合[削除]リンクから削除することができません。そのため、削除ではなく無効にします。[選択と並び替え]ボタンをクリックします非表示にしたい選択肢を左の「無効」列に移動させ、[登録]ボタンをクリックします選択肢が削除または無効となっていることを確認しますステータスの選択肢をデフォルトに戻すステータスの選択肢をデフォルトに戻します。タスクの設定画面([タスク][設定])に遷移します[ステータス]リンクをクリックします[選択と並び替え]ボタンをクリックします[デフォルトに戻す]ボタンをクリックします「種別」を編集する使用頻度の高い「種別」項目の編集をします。タスクの設定画面([タスク][設定])に遷移します[種別]リンクをクリックします種別の選択肢を追加します詳細は、「種別の選択肢を追加する」をご確認ください。種別のデフォルト値を指定します詳細は、「種別のデフォルト値を指定する」をご確認ください。種別の選択肢を並び替えます詳細は、「種別の選択肢を並び替える」をご確認ください。種別の選択肢を削除します詳細は、「種別の選択肢を削除する」をご確認ください。種別の選択肢をデフォルトに戻します詳細は、「種別の選択肢をデフォルトに戻す」をご確認ください。種別の選択肢を追加する種別の選択肢を追加します。タスクの設定画面([タスク][設定])に遷移します[種別]リンクをクリックします[新規登録]ボタンをクリックします選択肢を入力し、[登録]ボタンをクリックします補足一行につき選択肢を一つ入力することで、一度に複数の選択肢を登録することができます。種別のデフォルト値を指定する種別のデフォルト値を指定します。種別は、「Todo」がデフォルト指定になっています、変更する場合に利用します。タスクの設定画面([タスク][設定])に遷移します[種別]リンクをクリックしますデフォルト指定したい選択肢の[編集]リンクをクリックします「デフォルト指定」項目の[選択肢をデフォルトに指定する]にチェックし、[登録]ボタンをクリックします種別の選択肢を並び替える種別の選択肢を並び替えます。タスクの設定画面([タスク][設定])に遷移します[種別]リンクをクリックします[選択と並び替え]ボタンをクリックします右の「有効」列より、表示されている選択肢の並び順を上下に移動させ、並び替えます「そのほか」を下に移動させます。「そのほか」をクリックします下に移動させます[登録]ボタンをクリックします補足左の「無効」列に選択肢を移動させると、種別の選択肢から非表示になります。詳細は、次の「種別の選択肢を削除する」をご確認ください。種別の選択肢を削除する種別の選択肢を削除します。タスクの設定画面([タスク][設定])に遷移します[種別]リンクをクリックします削除対象の選択肢が「種別の選択肢を追加する」で追加した項目か、または、初期設定されている選択肢か確認します選択肢を削除または無効にします「種別の選択肢を追加する」で追加した項目の場合[削除]リンクをクリックします重要事項をご確認の上、[上記内容を確認しました。]にチェックをし[削除]ボタンをクリックします補足削除ではなく、一時的に無効にしたい場合は、次の「初期設定されている選択肢の場合」と同等の手順で選択肢を無効にしてください。初期設定されている選択肢の場合[削除]リンクから削除することができません。そのため、削除ではなく無効にします。[選択と並び替え]ボタンをクリックします非表示にしたい選択肢を左の「無効」列に移動させ、[登録]ボタンをクリックします選択肢が削除または無効となっていることを確認します種別の選択肢をデフォルトに戻す種別の選択肢をデフォルトに戻します。タスクの設定画面([タスク][設定])に遷移します[種別]リンクをクリックします[選択と並び替え]ボタンをクリックします[デフォルトに戻す]ボタンをクリックします補足デフォルトに戻すと、並び順やデフォルト値が解除され、追加した項目が全て「無効」となります。「優先度」を編集する使用頻度の高い「優先度」項目の編集をします。タスクの設定画面([タスク][設定])に遷移します[優先度]リンクをクリックします優先度の選択肢を追加します詳細は、「優先度の選択肢を追加する」をご確認ください。優先度のデフォルト値を指定します詳細は、「優先度のデフォルト値を指定する」をご確認ください。優先度の選択肢を並び替えます詳細は、「優先度の選択肢を並び替える」をご確認ください。優先度の選択肢を削除します詳細は、「優先度の選択肢を削除する」をご確認ください。優先度の選択肢をデフォルトに戻します詳細は、「優先度の選択肢をデフォルトに戻す」をご確認ください。優先度の選択肢を追加する優先度の選択肢を追加します。タスクの設定画面([タスク][設定])に遷移します[優先度]リンクをクリックします[新規登録]ボタンをクリックします選択肢を入力し、[登録]ボタンをクリックします補足一行につき選択肢を一つ入力することで、一度に複数の選択肢を登録することができます。優先度のデフォルト値を指定する優先度のデフォルト値を指定します。優先度は、「中」がデフォルト指定になっています、変更する場合に利用します。タスクの設定画面([タスク][設定])に遷移します[優先度]リンクをクリックしますデフォルト指定したい選択肢の[編集]リンクをクリックします「デフォルト指定」項目の[選択肢をデフォルトに指定する]にチェックし、[登録]ボタンをクリックします優先度の選択肢を並び替える優先度の選択肢を並び替えます。タスクの設定画面([タスク][設定])に遷移します[優先度]リンクをクリックします[選択と並び替え]ボタンをクリックします右の「有効」列より、表示されている選択肢の並び順を上下に移動させ、並び替えます「中」を上に移動させます。「中」をクリックします最上段に移動させます[登録]ボタンをクリックします補足左の「無効」列に選択肢を移動させると、優先度の選択肢から非表示になります。詳細は、次の「優先度の選択肢を削除する」をご確認ください。優先度の選択肢を削除する優先度の選択肢を削除します。タスクの設定画面([タスク][設定])に遷移します[優先度]リンクをクリックします削除対象の選択肢が「優先度の選択肢を追加する」で追加した項目か、または、初期設定されている選択肢か確認します選択肢を削除または無効にします「優先度の選択肢を追加する」で追加した項目の場合[削除]リンクをクリックします重要事項をご確認の上、[上記内容を確認しました。]にチェックをし[削除]ボタンをクリックします補足削除ではなく、一時的に無効にしたい場合は、次の「初期設定されている選択肢の場合」と同等の手順で選択肢を無効にしてください。初期設定されている選択肢の場合[削除]リンクから削除することができません。そのため、削除ではなく無効にします。[選択と並び替え]ボタンをクリックします非表示にしたい選択肢を左の「無効」列に移動させ、[登録]ボタンをクリックします選択肢が削除または無効となっていることを確認します優先度の選択肢をデフォルトに戻す優先度の選択肢をデフォルトに戻します。タスクの設定画面([タスク][設定])に遷移します[優先度]リンクをクリックします[選択と並び替え]ボタンをクリックします[デフォルトに戻す]ボタンをクリックします補足デフォルトに戻すと、並び順やデフォルト値が解除され、追加した項目が全て「無効」となります。
    https://smpdoc.shanon.co.jp/ja/schedule/itemall/

    通知設定を管理する