メインコンテンツへスキップ
  • FAQ集計期間内に同一リードがゴール条件を複数回満たした場合、どうなりますか?またリードの属性変更等により、ゴールしたリードが条件に合致しなくなった場合、どうなりますか?集計期間内のゴール到達回数は1回までとなります。また、一度ゴールしたリードは集計期間内にゴール条件から外れても実績はそのまま残り、クリアされることはありません。リードがマージされた場合、ゴール到達履歴はどうなりますか?マージ先のリードデータに、マージ元のリードデータのゴール到達履歴が付け替えされます。マージ先のリードがすでに同一のゴールに到達している場合、集計期間内でのゴール到達回数が複数となる場合があります。リードが削除された場合、ゴールの実績人数は減算されますか?実績人数は減算されません。一度でもゴールへ到達したリードの数は集計期間内は有効となります。集計期間を過ぎると、ゴール実績はクリアされます。目標リード数、ゴール条件を編集した場合、今までのゴール到達リードはどうなりますか?今までゴールしたリードの実績はそのまま残ります。ゴール条件を編集した場合、編集後に新しい条件が適用され、過去をさかのぼって、リードの行動履歴の収集およびゴール到達リードの再評価は行いません。一度ゴールに到達したリードが再度、同じゴールの実績にカウントされることはありますか?一度あるゴールにカウントされたリードは、当月中は再度同じゴールにカウントされることはありません。ただし、月が変わった後に、再度ゴールの到達条件を満たすようにリードの状態が変更された場合は、同じゴールに再びカウントされます。間違えてゴール条件合致してしまったリードを実績から除外する方法はありますか?リード詳細から実績を削除することが可能です。任意のリードを実績にカウントさせることはできますか?任意のリードを実績に追加することもできませんが、ゴール到達条件に合致するようにリードの状態を変更することでゴールに到達させることはできます。ゴール到達条件に一致するリードを作成しましたが、実績に反映されませんゴール一覧で表示される実績はほぼリアルタイムに集計していますが、システム稼動状態によっては若干のタイムラグがある可能性があります。しばらく待ってから、再度表示をご確認ください。ゴール一覧で実績が増えたのですが、予実管理レポートの数値に反映されません現時点(2017-01)では、予実管理レポート(ダッシュボード)への実績の反映は、1日に1回のバッチ処理で実行されます。ゴール一覧で実績はほぼリアルタイムで増えますが、レポート上への反映は基本的に翌日になります
    https://smpdoc.shanon.co.jp/ja/automation/goal/chapter007/

    FAQ

  • 制限事項仕様制限「その他詳細をゴールとして設定する」際の注意事項仕様制限以下の事項は制限事項になります。ゴール条件に申込ブロックを指定した場合、「リードCODE」「請求CODE」は選択できません。ゴール条件にリードブロックを指定した場合、「SFDC連携」は選択できません。サンドボックスではゴールの設定はコピーされますが、無効化(OFF)の状態になります。「その他詳細をゴールとして設定する」際の注意事項活動履歴や申込の履歴データをゴール条件に指定する場合、「今月」といった日時条件を必ず付加するようにしてください。日時条件を指定しない場合、前月、条件に一致しゴールに入ったリードが次月に同じ種類の履歴データが登録された際、ゴールに入る可能性があります。なお、「活動履歴・リードの項目をゴールとして設定する」または「資料請求をゴールとして設定する」を選択してゴールを新規作成する場合は、自動で「更新日時=今月」を条件に付加します。
    https://smpdoc.shanon.co.jp/ja/automation/goal/chapter006/

    制限事項

  • 利用例シナリオベースでの設定例シナリオマーケティング部として、『資料請求者が毎月50人』の獲得を目標とし、ゴールに到達した人と到達しなかった人の詳細を把握。到達しなかった人へのアクションを実施できる操作フロー前提「資料請求」という名前のカテゴリのキャンペーンが設置されており、その申込フォームを利用して資料請求の問い合わせを受け付けている作成メニューの「資料請求をゴールとして設定する」を選び、作成画面にて以下を設定ゴール名に「資料請求者」到達リードの条件で「キャンペーンカテゴリが『資料請求』となっているキャンペーンの申込をゴール到達者として設定する」を指定する月間目標リード数で「毎月一定の数値を目標とする」を選び、50を設定ターゲットリストを作成し、キャンペーンとしてメール配信をする2.のキャンペーン実施後、ゴール一覧よりゴール到達者を確認「実績/目標」リンクをクリックし、リード一覧画面にてゴール到達者の詳細情報を確認(営業へ送客)未達の場合、ゴールに到達していない人へ追加のメール配信を行うリードの複合検索のブロックに「ゴール」を選び、項目に「ゴール名」、条件に「次の文字列と一致する」、値に「資料請求者」、式に「NOT(ゴールブロックの番号)」を指定して検索検索にヒットした場合、その結果から検索条件を保存し、メールのウィザード送信機能などで一斉メールを配信
    https://smpdoc.shanon.co.jp/ja/automation/goal/chapter005/

    利用例

  • 機能説明複合検索のブロックとしてゴールを使うメール送信ウィザードの送信検索条件としてゴールを使う複合検索のブロックとしてゴールを使うゴールを有効化すると、複合検索の検索対象ブロックで「ゴール」が選べるようになります(全キャンペーン管理のみ確認できます)。「ゴールID」「ゴール名」「メモ」「到達日時」を指定したリードの検索が可能です。検索で利用した条件はの画面に表示されます。この状態で「検索条件を保存」をクリックすると条件を保存することができます。保存後は他の検索条件と同様にご利用いただけます。複合検索の検索方法については、「複合検索を利用する」をご参照ください。メール送信ウィザードの送信検索条件としてゴールを使う[複合検索のブロックとしてゴールを使う]で保存した検索条件は、メール送信ウィザードでご利用いただけます。検索結果
    https://smpdoc.shanon.co.jp/ja/automation/goal/chapter004/

    機能説明

  • 概要ゴール機能とは?SHANONMARKETINGPLATFORM(以下、SMP)のゴール機能とは、マーケティング目標の予実管理を行うための機能です。あらかじめ登録されたゴール条件に合致するリードの属性や行動をモニタリングし、ゴール到達したリード数の実績と目標との乖離を可視化し、当月・年間のマーケティング目標の達成度合いを評価、分析できるようにします。さらに、ゴールに到達していないリードを対象として、たとえば追加のメールプロモーションなどのアクションを行うことで、目標達成のための追加施策を適宜実施することが可能となります。たとえば、SMPのキャンペーン申込フォームを利用して資料請求用の窓口をウェブに開設しているとして、ここからの申込者=資料請求したリード数を毎月50人獲得することを目標としているとします。この場合、そのキャンペーンへの申込数をゴール対象とすることで、資料請求の目標達成度合いが常に見えるようになります(「利用例」ページもご参照ください)。
    https://smpdoc.shanon.co.jp/ja/automation/goal/chapter001/

    概要

  • この記事では、毎月の目標の実績状況を把握する方法について具体的な設計例を基に、SMPの設計・構築方法についてを解説しています。

    ゴール機能とは?

    マーケティング目標の予実管理を行うための機能です。
    当月・年間のマーケティング目標の指標を商談数とした場合に、事前にゴール条件に合致するリードを定義し、ゴール到達したリード数の実績と目標との乖離を可視化し、その達成度合いを評価、分析することができます。

    具体的には、活動結果に商談が入ったリード数を毎月10人獲得を目標の指標を追う場合、活動結果に商談が入ったリード数をゴール対象とすることで、評価を分析できます。

    この記事は、以下の5つの設計や構築が完了されているお客様向けの記事となっています。各機能の設計が完了していないお客様は以下記事を先に参照してください。

     

    機能一覧

    今回の説明する機能の一覧は以下の通りです。

    [リード]>[活動履歴の項目設定]
    [リード]>[基本項目設定]
    [ゴール]>[ゴール一覧]
    [ダッシュボード>]>[サムネイル一覧]

     

    1. ゴール機能とは?

    当月・年間のマーケティング目標の指標を商談数とした場合に、事前にゴール条件に合致するリードを定義し、ゴール到達したリード数の実績と目標との乖離を可視化し、その達成度合いを評価、分析することができます。
    ゴール機能には、5つのメリットがあります。

    <メリット>

    • 部署の共通認識として目標を把握をすることができる
    • グラフで目標達成状況の推移を視覚的に把握することができる
    • 改善した結果として、実績数値の変化を確認することができる
    • 1度ゴールを設定すれば、毎月自動更新される
    • 無料 ※担当営業へゴール機能有効化依頼は必要

    _________-____.png

    図1:ゴール機能の目標達成状況の把握レポート

    <デメリット>

    • カスタマイズ性が低い

    ゴール機能有効化依頼

    ゴール機能をご利用いただくためには、事前に以下の2つの機能の有効化とロール設定が必要です。
    ※ダッシュボード機能の有効化については、担当営業へご連絡ください。

     

    2. ゴール機能の設計例

    ここでは、ゴール機能の目標設定について基本的な考え方について解説します。

    ゴール機能では以下の4つのゴールの種類があります。

    項目名 目的(意図)
    商談をゴールとして設定する 毎月商談を〇件獲得する目標を設定する場合に利用する。
    資料請求をゴールとして設定する

    毎月資料請求や問い合わせへの申込を〇件獲得する目標を設定する場合に利用する。

    リード獲得をゴールとして設定する 毎月新規登録されたリードを〇件獲得する目標を設定する場合に利用する。
    その他詳細をゴールとして設定する 毎月のゴール設定を上記の3つより詳細な条件での獲得する目標を設定する場合に利用する。

    毎月商談を10件獲得する目標をお持ちの場合に、「商談をゴールとして設定する」を利用することで、 以下のようなレポートの作成できます。

    _________________.png

    図2:商談をゴールとして設定した例

    • グラフ構成要素:縦軸が指標数値/横軸が期間。
    • ゴール到達目標:オレンジの折れ線。現時点の実績獲得ペースから算出した月末時点の実績予想数を表示。
    • ゴール到達数:ブルーの縦棒。「日次ゴール実績値」または「月次ゴール実績値」。

    ゴール機能の設定できる種類については、以下マニュアルにて詳細な解説をしています。
    以下マニュアルをご確認いただき、ゴールの設定できる種類を理解した状態にしてください。

    ゴール設定種類の記事

     

    3.実装してみる

    ここでは、前項で解説したゴール例を基に予実管理レポートまでの具体的な設計・実装手順について解説します。

    3.1. SMPゴール機能とダッシュボード機能を有効化する

    このステップでは、上記例であげた目標に実績状況を把握するために、ゴール機能を有効化し、利用できるようにします。
    ゴール機能を利用する方法については、以下マニュアルにて詳細な解説をしています。
    以下マニュアルをご確認いただき、ゴールとダッシュボードを利用できる状態にしてください。

     

    3.2. ゴール指標とする項目を事前に作成する

    このステップでは、上記例であげた目標に実績状況を把握するために、ゴールの指標をする項目を事前に用意し、ゴール機能で利用できるようにします。

    今回は上記の例で挙げた商談をゴールとするために、リードの項目または活動履歴の項目を作成します。
    以下では、SMPの活動履歴に「活動結果」項目を作成し、その選択肢に商談を作成する例を紹介します。

    項目名 選択肢 種別 説明
    活動結果 継続フォロー/商談/アーカイブ ラジオボタン 貴社に合わせた活動結果状況の項目を追加します。

    リードの項目または活動履歴の項目の作成方法については、以下記事にて詳細な解説をしています。
    以下記事をご確認いただき、ゴールで上記の項目を利用できる状態にしてください。

     

    3.3. ゴールの設定をする

    このステップでは、上記例であげた目標に実績状況を把握するために、ゴール機能を設定します。
    以下では、上記例であげた目標に実績状況を把握するために、前のステップでゴールの指標とする項目のその選択肢に一致したリードを到達させる例を紹介します。

    1. 全キャンペーン(セミナー)管理モード>[ゴール]タブ>[ゴール一覧]メニューを開きます。
    2. 新規登録する場合には、[商談をゴールとして設定する]ボタン(※1)をクリックします。
    3. [1. ゴール種別を選択する]内のゴール名を入力します。
    4. 3.2で作成した項目を選ぶため、[2. ゴール到達リードの条件を設定する]の[活動履歴の項目を使用する]を選びます。
    5. 「到達リードの条件:[活動結果]の項目で、[商談]が選択されたリードをゴール到達者として設定する。」を選びます
    6. [毎月一定の数値を目標とする]を選び、[10]人を入力します。
    7. [登録]をクリックします。

    (※1)既にゴールを登録されている場合は、画面上部の[新規登録]ボタンをクリックし、[商談をゴールとして設定する]ボタンをクリックします。

    制限事項

    上記の設定の際には、合わせて以下の仕様制限を確認のうえ、設定を行ってください。

    今回は上記の例で挙げた商談をゴールとするためのゴールの設定方法については、以下記事にて詳細な解説をしています。
    以下記事をご確認いただき、ゴール機能で商談を管理できる状態にしてください。

     

    3.4. 毎月、予実管理レポートで目標に対する実績状況を確認する

    このステップでは、上記例であげた目標に実績状況を把握するために、設定したゴール機能での予実管理レポートを確認します。
    本予実管理レポートで、目標と実績の数値を可視化し、その達成度合いを評価、分析いたします。
    実績が目標と乖離している場合には、追加施策を検討、実施します。

    予実管理レポートのポイント

    予実管理レポートを作成できましたら、以下のポイントを確認します。

    • 指標の定義(基準)の抜け漏れはないか
    • 指標の定義(基準)は定量評価ができるか

    今回は上記の例で挙げた商談をゴールでの予実管理レポートの確認方法については、以下記事にて詳細な解説をしています。
    以下記事をご確認いただき、目標として設定した商談の状況を確認できる状態にしてください。

    予実管理レポートに関するマニュアル

     

    4.まとめ

    今回は、 毎月の目標の実績状況を把握する方法について具体的な設計例を基に、SMPの設計・構築方法を紹介しました。
    実際のお客様業務で、目標の実績を状況をより詳細に分析してく必要があります。

    SMPでは、より詳細な分析を行うために、オリジナルダッシュボード機能 というものを提供しています。
    この機能を利用することで、「目標値」を月毎に設定することや「実績の内訳」(どこからその実績が発生したのか)という情報を加えることで、実績に対する傾向分析や状況の把握が視覚的に把握するお客様専用のダッシュボードを作成ことができます。

    こちらの機能利用及び、設計方法のご相談については、トレーニング担当または担当営業へご連絡ください。

    オリジナルダッシュボード機能マニュアル

     

    5. 関連動画

     

    6.関連FAQ

     

    7.関連マニュアル

    毎月の目標の実績状況を把握する