メインコンテンツへスキップ
  • リードIDとLINEIDを連携するリードIDとLINEIDを連携することで、LINE公式アカウント経由で追加されたリードに対してリード情報を追加したり、既存のSMPのリードとマージしたりすることができるようになります。連携を行わない場合、LINE公式アカウント経由で追加されたリードに対しては、特定のLINE機能のアクション(LINEメッセージ一斉送信とリッチメニューの公開)しか行えませんのでご注意ください。LINEログインチャネルとSMPを連携するLINEID連携URLを利用するLINEシングルサインオンを利用するLINEログインチャネルとSMPを連携するLINEとのID連携を行う場合、LINEログインチャネルのコールバックURLの設定が必要になります。チャネルIDとチャネルシークレットを取得LINEDevelopersよりLINEログインのチャネルIDとチャネルシークレットをコピーします(LINEMessagingAPIのチャネルIDとチャネルシークレットとは異なります)。詳しくはLINE公式アカウントのWebサイトよりご確認ください。チャネルIDとチャネルシークレットをSMPに設定SMPのLINEID連携画面([LINE][LINEID連携])で、[有効]をクリックし、コピーしたチャネルIDとチャネルシークレットを入力します。登録情報を入力その他、各項目を入力し、[登録]ボタンを押下します。項目の説明は以下のとおりです。項目説明LINEからメールアドレス取得LINEユーザーのメールアドレスを取得して、会員フォームに初期値として設定できます。この機能を利用するには、LINEログインでのメールアドレス取得権限申請が必要になります。公式アカウントを友だち追加するオプションLINE公式アカウントを友だち追加するオプションをLINEログイン画面に表示させることができます。表示箇所は以下の2つから選択できます。*LINEログインの同意画面に表示*LINEログインの同意画面の後の確認画面に表示コールバックURLをLINEログインチャネルに設定登録が完了すると、設定画面にコールバックURLが表示されます。これをコピーし、LINEDevelopersのLINEログインチャネルに設定してください。LINEID連携URLを利用するLINEID連携URLを使ってSMPログインを行わせることで、LINEID連携を行うことができます。マイページを利用している場合SMPのLINEID連携画面([LINE][LINEID連携])でLINEID連携URLをコピーします。LINEID連携URLをトークルームに送信、またはリッチメニューのアクションに設定します。LINEユーザーがURLをクリックまたはタップすることで、LINEログイン画面に遷移します(すでにLINEにログインしている場合はスキップされます)。その後、SMPログイン画面に遷移します。LINEユーザーがSMPのログイン情報を入力することで、LINEID連携が完了します。マイページを利用していない場合上記のSMPログイン画面からキャンペーン申込画面に遷移し、申込情報を入力してもらうという手続きが必要になります。LINEID連携URLを経由せずにキャンペーン申込を行った場合、リードのLINEIDが記録されません。申込の入力項目にとくに制限はありませんが、もし既存のリードとLINE友だちをマージしたい場合は、マージキーとなる項目を入力してもらう必要があります。必要な準備は以下のとおりです。キャンペーンに申込フローを設定する詳しくはキャンペーンに申込フローを設定するをご確認ください。設定した申込ページのURLへのリンクをSMPログイン画面に追加するデフォルトテンプレートをダウンロードしていただき、system.zip内のssospフォルダlinkフォルダ内にあるlogin.htmlを修正し、1で設定したキャンペーン申込画面のテキストリンク等を追加してください。詳しくはデザインテンプレートをカスタマイズするをご確認ください。LINEユーザーがキャンペーンの申込を行うことで、LINEIDが紐づいたリードが作成されます。この時点で、同じLINEIDを持つリード(LINE友だち追加時に作成されたリード)があれば自動でマージが行われます。LINEシングルサインオンを利用するリードがSMPにログインする際に、LINEアカウントを使ってシングルサインオンを行うことができます。これによって、リードのログイン時の認証手続きを簡略化することができます。※LINEID連携済のリードのみ利用可能です。SMPのLINEID連携画面([LINE][LINEID連携])でLINEシングルサインオンURLが発行されます。このURLをクリックまたはタップすると、LINEログイン画面に遷移します(すでにLINEにログインしている場合はスキップされます)。リードがLINEにログインすると、SMPへのログインも完了します。
    https://smpdoc.shanon.co.jp/ja/line/lineidlink/

    リードIDとLINEIDを連携する

  • LINE公式アカウントを設定するLINE公式アカウントとSMPを紐づけるLINE設定を確認する既存の友だちを一括でリード登録するLINE公式アカウントとSMPを紐づけるチャネルIDとチャネルシークレットを取得LINEDevelopersよりLINEMessagingAPIのチャネルIDとチャネルシークレットをコピーします。詳しくはLINE公式アカウントのWebサイトよりご確認ください。チャネルIDとチャネルシークレットをSMPに設定SMPのLINE設定画面([LINE][公式アカウント])で、[新規登録]をクリックし、コピーしたチャネルIDとチャネルシークレットを登録します。WebhookURLをMessagingAPIチャネルに設定登録後、設定画面にWebhookURLが表示されます。これをコピーし、LINEDevelopersのMessagingAPIチャネルに登録してください。LINE設定を確認する公式アカウント一覧画面で、LINE公式アカウントの設定情報等を確認することができます。歯車のマークをクリックすると、表示項目の設定が可能です。確認できる項目は以下です。項目説明公式アカウント名LINE公式アカウントの名前です。チャネルIDとチャネルシークレットを登録した際に自動で表示されます。友だち数SMPとの連携後、LINE公式アカウントの友だちになった数です。連携前にすでに公式アカウントの友だちだったLINEユーザーをリードとして登録するには、既存の友だちを一括でリード登録するをご確認ください。ブロック数SMPとの連携後、LINE公式アカウントをブロックしているLINEユーザー数です。登録日時LINE公式アカウントを登録した日時です。更新日時LINE公式アカウントを更新した日時です。チャネルID登録したMessagingAPIのチャネルIDです。※デフォルトでは非表示になっています。表示項目設定を行うか、[詳細]をクリックすることで確認できます。チャネルシークレット登録したMessagingAPIのチャネルシークレットです。※デフォルトでは非表示になっています。表示項目設定を行うか、[詳細]をクリックすることで確認できます。既存の友だちを一括でリード登録するSMPとLINE公式アカウントの連携完了以前に存在していたLINE公式アカウントの友だちを一括で取得し、リードとして登録する機能です。注意LINE友だち一括リード登録は、認証ステータスが「認証済」になっているLINE公式アカウントのみ実行可能です。「未認証」の場合は、LINE公式アカウント管理画面からアカウント認証を行ってください。公式アカウント一覧画面のLINE友だち一括登録の項目で[一括登録]をクリック公式アカウントを選択し、[登録]ボタンをクリック登録が始まると、登録状況画面に遷移します。ここで[キャンセル]をクリックすると登録を中断します一度に登録できる友だち数の上限は10万件です。友だち数が10万件を超える場合、同じ操作を複数回行ってください。また、登録には時間がかかる可能性があります。キャンセルした場合、その時点までに登録された友だちはそのままリードとして残ります。登録処理が完了すると、登録結果画面に遷移します。ここで、登録完了した友だち数、エラーにより登録できなかった友だち数が確認できます。もしエラーが発生した場合は、再度一括登録を行ってください。一括登録の履歴を確認する公式アカウント一覧画面のLINE友だち一括登録の項目で[一括登録]をクリック公式アカウントを選択し、[一括登録履歴]ボタンをクリックし、履歴一覧画面に遷移履歴一覧で確認したい履歴の[詳細]をクリックし、履歴詳細画面を確認
    https://smpdoc.shanon.co.jp/ja/line/linesetting/

    LINE公式アカウントを設定する