メインコンテンツへスキップ

潜在顧客向けの施策にはどんなものがありますか。

コメント

1件のコメント

  • SHANON Support/token

    ご質問いただき、ありがとうございます。
    潜在顧客(※1)から顕在顧客(※2)にステップアップさせるためには、3つのSTEPがあります。

    今回ご紹介した3つのSTEPのうち、SMPで実施できることは「STEP3:商品へ興味をもち、貴社への接点を持ってもらう」が実施可能です。
    潜在顧客に対して、SMPで実施できる2つの施策をご紹介します。
    1)WEBフォーム
    2)WEBフォームを紹介

    1)WEBフォーム

    WEBフォームは、WEBからのリード獲得の流入経路を構築することができる機能です。

    例えば、車の購入を検討している顧客の購買ピラミッド(ファネル)のフェーズ(段階)によって、リードのニーズを汲み取るまたは情報を配信するための流入経路を構築します。
    WEBフォームのご利用の際には、以下のご利用ガイドを設定を行ってください。

    顧客の購買ピラミッドでの代表的なWEBフォームの例

    ■認知⇒興味・関心

    • ホワイトペーパーダウンロードフォーム
    • 資料請求フォーム
    • セミナー・ウェビナー

    ■興味・関心⇒比較・検討

    • 資料請求フォーム
    • お問い合わせフォーム
    • セミナー・ウェビナー
    参照:お問い合わせフォームを構築する

    2)WEBフォームを紹介

    トラッキング機能を設定済みの貴社WEBページに顧客のニーズに合うまたはお勧めしたい情報(WEBフォーム等)のホップアップや埋め込みフォーム挿し込むことで促すことが可能です。

    Webパーソナライズ機能のご利用の際には、以下のチュートリアル動画とご利用ガイドをご参考に設定を行ってください。

    参照:
    ・[チュートリアル動画]
    6-1 Webパーソナライズ機能とは
    6-2 Webパーソナライズ機能の事前準備方法
    6-3 Webパーソナライズ機能の設定事例紹介
    ・[ご利用ガイド]
    Webパーソナライズ機能によるABテスト方法
    Webパーソナライズ機能のウィジェットターゲット活用方法

    (※1)潜在顧客(認知・関心層)とは、貴社が扱う商品のジャンルに対して興味・関心はあっても、具体的な商品についての知識が少なく、貴社の商品も認知していない人たちを指しています。

    (※2)顕在顧客(情報収集層)とは、貴社の商品を認知しており、リードとして登録されている人たちを指しています。

    (※3)顧客の行動
    以下の図は、顧客の行動の一例です。顧客は、企業との様々な接点(チャネル)を通じて、購買や情報共有を行うことを表しています。この図でもわかる通り、現在のマーケティングでは、様々な接点とその管理が必要不可欠になっています。

    (※4)インターネット広告の例としては、バナー/リスティング/アフィリエイト/動画/記事/リターゲティング/SNSなどがございます。

    0

サインインしてコメントを残してください。