複合検索の条件で「次の文字列に一致しない(次の文字列を含まない)」で設定した場合と、「次の文字列と一致する(次の文字列を含む)」で設定し、式にてNOTで省いた場合と検索結果が違います。

関連記事